2014
12/29

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

普通車に負けない性能を持った軽自動車

私は20代の頃、車が好きでスポーツカーに乗って友人達とツーリングに行ったり、エンジンや足回りなんかをいじったりしていました。多い時で中古車ですが、3台所有していたこともあります。

普通よりは車に詳しいということで、よく職場や友人から中古車で車の購入を考えているという相談を受けます。当時に相談を持ちかけられたのが軽自動車だった場合がっかりしていましたが、30歳になる前に結婚し家族が増えた頃から、軽自動車の中古車のお店に相談者と一緒に見に行くようになり、軽自動車に気持ちが傾きはじめました。

ハイオク車や馬力のことだけ考えた車のことを知っている分、軽自動車の性能や維持費に普通車と比べ差があることが分かります。共通の趣味を持った友人の中には、もちろん中古車をやっている友人がいます。

その友人も今では軽自動車を自分風にカスタマイズして、カッコよく乗っています。彼は、修理に来るお客さんの多くは軽自動車だし、早く売れていく車も軽自動車が多いと言っていました。

2014
12/15

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

小さくても頼れるやつ、軽自動車

今でこそ路上駐車の取締りが厳しくなって、道端に車が所狭しと並んで停められている光景は滅多に見ません。昔私が住んでいた「陸の孤島」と呼ばれるマンモス団地を一周する外周には、当然のように路上駐車が中古車のお店かというくらい並んでいました。

当時乗っていた車は中古車でも、友人から譲り受けたスポーツカーだったので、傷付けられては困ると思いちょっと遠くてもしっかり契約駐車場に停めていました。そこから歩いて自分の部屋まで行く道中、軽自動車は車体が小さくて、ちょっとの隙間に停められて便利だなと思ったものです。

もしその車を手放すことになったら、軽自動車も検討してみようと思いはじめ、家族ができたタイミングで中古車のお店に行って、軽自動車を購入しました。もうそれから10年近く経ち子供も2人になり、家族4人で乗ってもしっかり走ってくれる頼れるやつです。通勤に毎日使うわけでもなく、休みの度に遠出に行くわけでもないので、まだまだ活躍してくれると頼りにしています。

2014
07/11

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

軽自動車人気にはびこる悪質な中古車を掴まないために

車を買うためには、車に関する知識が必要不可欠だ。
特に中古車の場合は、車を詳しく知っていないと悪質なものを売りつけられる可能性もある。
車に興味がない、よくわからないと言った場合でも、少し気をつけるだけで悪質なものを防ぐが可能だ。

軽自動車などは、車に疎い女性にも人気が高いため、悪質なものを売りつけようとする店もある。
あまりにもいいところばかり強調する、修復個所などの説明がない場合は、必ずこちらから聞く必要がある。
ディーラーが聞かなければ答えない場合は、少し購入を躊躇ってみるといい。

悪質なものというと、メーターを改ざんしてあたかも走行距離が少ないかのように見せるものがある。
軽自動車の場合は走行距離などで性能が変わる場合があるから、ここが改ざんされてしまうと困った事になる。

これを防ぐのは意外に簡単で、車台番号を問い合わせることです。
個々の車に割り振られた番号で、持ち主が変わっても、中古車で売られていてもこの番号は変わらない。
車台番号からわかることは多く、走行距離や修復歴まで調べることができる。表示が正しいかを確認しよう。

電話確認

2014
06/09

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

名前が有名な軽自動車は中古車でも高い

免許をとりたての人から、あまり長時間車を乗ることのない人、年齢により運転が苦手になった人まで、
日常生活のちょっとした時に気軽に乗ることのできる軽自動車は人気が高い。
中古車になっても売れ筋のため、中古車販売店に行くと主力商品として並んでいるのを見ることができる。
そんな日常の道具として使える車であることもあり、安く、長く使えるものをと考える人も多いだろう。

排気量や大きさが明確に決められている軽自動車は、その規格のため、各メーカーによる差別化のほとんどが、
車内の広さや低燃費などの設備など、細かなところが多く、基本的に似たり寄ったりの車が多くなっている。
排気量が決められているから、坂道も楽々な馬力のあるエンジンを乗せているものはないし、
大きさが決められているから大人数が乗ることができる車ではない。

安く軽自動車を買おうと思っているのならば、いっそのこと名前の有名なものを避けてみるのも手だ。
有名であればそれだけ需要が高く、中々値段は下がらない。
むしろ、あからさまに安い場合は何かしらの不備を疑ってかかるべきだろう。

2013
12/04

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

軽自動車の購入を決める前に他の中古車販売店を回る

軽自動車でなくても、中古車を買う時には、即断即決が命取りになることが多い。
新車のように同じような在庫があるわけではなく、同じものに出会える可能性は限りなく低いのが中古車だ。
ゆっくり吟味していたら、別の人に買われてしまう可能性もあり、早く買ってしまいたいというのが心情だろう。

それでも車は高い買い物ですので、どんなに安いと思える金額が表示されていても、そこから安くならないかを交渉してみる余地はある。
いくつかの営業所を回り、同じような車で幾らぐらいの金額になるかを比べるのも一つの手だ。

欲しい車が決まっている場合は、他の営業所の金額を交渉に上手く使うと、
これ以上無理と言われたものより安くなることもある。
軽自動車は値引き率が低いので、ものすごく値引きできるわけではないことは念頭に置いておかなければならない。
いいものを手に入れるためにはディーラーとの信頼関係が必要だ。

ディーラーも商売なので、値段を下げるからすぐに決めて、と言われる事もあるだろう。
本当にそれが最良かを考える余裕を持って車を探すようにした方がいい。

ディーラーとの信頼関係

2013
11/19

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

安くいい軽自動車を中古車で買うために

中古車で軽自動車を探す時は、値段以外にも様々な事に注意が必要だ。
愛車が欲しいと思っても、新車ではなかなか手が出ない場合、最初は中古車を、と思う人も多いだろう。
せっかく車を買うのだから、心配ない買い物をしたいものだ。

軽自動車は、稼働年数と走行距離が性能に関係してくる車だ。
納車前にきちんと点検・整備をしてくれる販売店であることが望ましい。
問題はその整備工場。自社工場完備を謳う販売店も多く、本当にきちんと整備・点検してくれるかの判断は難しい。
信頼のおける工場には専用のマークがあるので、整備や点検についてと同じく、確認しておくといいだろう。

中古車といえど、購入金額を一括で支払う人はあまりいないだろう。
この自動車ローンにも注意が必要だ。ローンによっては金利の違いで思わぬ出費を強いられることもある。
月々の支払額だけで判断せず、総支払額を必ず確認しておくと、無駄な出費を防ぐことができる。

いい車をなるべく安くと思うのは当然のことだが、購入には少しの手間や考える余裕を持つことが大切だ。

2013
10/21

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

現在の軽自動車と中古車としての相場

安いイメージの軽自動車だが、必ずしも普通自動車より必ずしも安いとは言えなくなっている。
その理由は、製造コストが高くなってきていることにあるようだ。

安さを追求するために、乗り心地をあまり考えていない車であったのは昔のこと。
現在では、車の外装やシートなどの内装の高級化、普通自動車と比べても遜色ない安全装置などの特別なモデルが販売されている。
全ての装備を付けた物の場合、新車で購入する時も、軽自動車とは思えない金額になっていることもあるのだ。

中古車になっても同じで、全ての装備を付けた軽自動車は、普通自動車と変わらない値段で売られている。
安いはずだと思って見ていると、とても意外に感じてしまうはずだ。
また、人気が高い車種であるため、値段が下がりにくいということもあるらしい。

中古車で買う時は相場をきちんと見ておこう。
走行距離や年数が性能に直結してしまう。他と比べて安いからと即決してはいけない。
装備が充実しているものを買う場合は、それらがきちんと動くかどうかの確認は必須だ。

sumaho

2013
10/09

Category:
keicar

COMMENTS:
Comments Closed

いい軽自動車の中古車を探すためには、まずいいディーラーを

国内での中古車の流通量が多い軽自動車であるため、購入を希望するのならば、
信頼の出来る販売店かディーラーを探す必要がある。
維持費が少ないためにすぐに手放すことが少なく、いい状態のものや新車同然のものが手に入りにくいこともあるため、
事故車などを掴まされる危険性があるためだ。

中古車として軽自動車を購入する時には、どうしても初期整備にお金が掛かってくる。
その金額を少なくし、少しでも長く愛車にするためには、少しでも条件の良いものを探す必要がある。
車選びにきちんと対応してくれるディーラーを見つけることが出来れば、初期整備に余計なお金を使うこともなく、
がたの少ないものを手に入れることが出来る。

軽自動車の場合、どうしても足回りやエンジンなどの負荷が掛かっているので、中古車を見る時には、
エンジンをかけて変な音がしないか、その他ちゃんと動くかを入念にチェックしなければならない。
車体にも負荷が掛かる車なので、ドア類の開閉やウインカーなどの電灯類、
ワイパーなども動くかどうか必ず確認するなど、不具合を少しでも出さないように心がけよう。

2013
09/25

Category:
keicar

COMMENTS:
No Comments »

中古車としての軽自動車を探すなら

軽自動車は日本独自の規格に基づいて作られているため、海外への流出は少なく、
中古車として売られている台数の多い車だ。
排気量660cc以下のものでなければならず、車体の大きさも明確に決められている。
少しでも規格を越えると普通車になってしまうというシビアなものだ。

軽自動車の内容自体はどこのメーカーのものも変わらないため、選ぶ際は自分の好き嫌いで選ぶといいだろう。
長距離を走るために作られたわけではないので、
乗り心地というよりも使い勝手がいいかを重点に考えた方がいいかもしれない。

中古車を手に入れる時は、走行距離は少なければそれに越したことはない。
軽自動車は車体やエンジンに掛かる負担が大きいため、どうしても故障のリスクが高くなってしまうからだ。
維持費が掛からないため、よほどのことが無い限りこの種類の車は手放すことが少なく、
走行距離が限りなく少ない車を探すのは至難の業かもしれない。

短期でもいいから車が必要な場合や、通勤通学で乗り潰す前提で買うのがいいだろう。
中古車での初期整備には、10万程度は掛かることを念頭において車を探そう。

money3

2013
09/18

Category:
keicar

COMMENTS:
No Comments »

中古車と新車、軽自動車ならばどっち?

軽自動車を買うのに新車と中古車どちらがいいか、実は意外に悩みどころである。
本来ならば、中古車になれば値段が格段に安くなり、その分壊れるリスクが高くなるのが通常だ。
手の出ない車などを、リスクがあるのを承知で、半値ほどで手に入れることが出来るのが、
売りの一つである。

しかし、軽自動車は元の値段が安い。
全てのオプションを付けるなど、設備に凝らなければ、100万円も掛からず新車を手に入れることも出来る。

現在は軽自動車の人気が高いために、値段が下がりにくい傾向があるようで、数万円程度のものから、
新車を買うのと同じぐらいの金額になってしまっているものまで、ピンキリだ。
値段が高いのならば、故障のリスクがあっても買う理由が弱くなってしまう。

値段の安いものを壊れるまで使い切ることを前提に、かなり安い中古車を購入するようにした方がいいように思う。
よほど毎日使う予定があり、さらには長く使いたい場合は、すぐに壊れるリスクが少ない新車の方がいい場合もある。
使い道を明確にしてから、購入を検討するようにしよう。